※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー50

診断時:65歳
インタビュー時:68歳(2014年1月)
首都圏で妻と二人暮らし。長く銀行員として勤め、現在は企業コンサルタントとして、様々な会社で役員や相談役を務めている。50代から前立腺肥大の治療を始めたが、PSA値が下がらない状態が続いていたため、定期的に検査を受けていた。細胞診を2度受けたが、がんは見つからず、そのまま8年ほど経過。一度ちゃんと調べたいと思い、遠縁の医師を頼って採取本数を増やした3度目の細胞診を受け、その結果がんが見つかった。医療コンサルタントの友人に相談し、セカンドオピニオンを希望。その病院が、たまたまロボット手術を先駆的に行っていて、出血のリスクが低いという説明を聞き、当時は先進医療で高額ではあったが、即決。術直後の痛みと苦しみはひどかったが数日で回復し、術後2年が経過した今では尿漏れもほとんどなく、PSA値もゼロのまま、半年に1回のフォローを受けながら、普通の生活を送っている。

詳しいプロフィールを見る

―― そのときの体の具合というか調子はいかがでしたか。痛みとか。

これはですね、残念ながら痛みはすごかったです。終わった後は。まあ、直後よりも、それからしばらくたって今度別な集中看護室みたいなところへ運ばれていくんですけど、そこで一晩過ごすんですね。看護婦さん、あのー、ナースステーションのすぐ目の前にある集中看護室みたいなんですけど、そこに一晩置かれるんですけど、その中が一番痛かったですね。

―― 痛かった。

はい。これはしようがないですね。

―― その痛みの感じというのを、少しエピソードが、もしあれば教えていただきたいんです。例えば寝てられないぐらいの痛みとか。

そうですね、あの、あれは本当、正直言うと、もう二度と味わいたくないぐらい痛かったですね。あの、痛いということと、何というんですかね、苦しいということと。で、身動きが取れないんですよね。あの、動けないということでしたね。だから、両方。とにかくじっとしてないといけないことと痛みとありますから、もう背中が痛くなるし(苦笑)、もう、うんうんうなって一晩過ごしたって感じですね。これは、まあ、でも、皆さんそうなんで、しようがないんですって、あの、看護婦さんもおっしゃいますしね。こればっかりは我慢してくださいって。一晩過ぎれば変わりますからって。

―― どうでしたか、一晩過ぎて。

ええ、だから、翌日の昼ごろにはもうかなり、あの、痛みは、そういう苦しみはなくなってましたね。だから、まさに本当に一晩だって。

―― まさに一晩。

はい。

―― そういう苦しみはなくなったとおっしゃってましたけど。

鎮痛剤をやっぱり打ってくれたんだと思うしね。

―― あ、なるほど。

それが効いてくるわけでしょうからね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(94) ["name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["slug"]=> string(5) "robot" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(94) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(94) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["category_nicename"]=> string(5) "robot" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る