インタビュー内容テキスト

あのー、ロボット手術といってもですね、私は内容は知らないんですよ、正直。なぜかというと全身麻酔で寝てますから(笑)、目撃してないんですよね。なぜ分かったかというと、後でいろんなテレビとか何かで取り上げられてますよね。あの、もう、ロボット手術に関してはいろんなところでテレビで取り上げられて、だから、それを見たことで分かったんですけど。あの、要は、えー、その、患者を手術台の上にのっけますけど、えー、そこにロボットのアームが体に差し込まれると。大体5本か6本入るんですね。えー、で、それがこう、中で、えー、ロボットの目があって、中の臓器を全部映し出して、それを映し出したものというのは、モニターカメラ、モニターが別にあって、それは手術室もですね、ものすごく広いんですよ。で、先生は、手術をする先生は患者の前にいないんですよ。患者から離れて、4~5メーター離れたところにモニターがあって、そのモニターを見ながら先生はそこでロボットのアームを操作すると。そのモニターがですね、大きな画面なんで、たぶん三次元か何か知りませんが、えー、しかも、この、あの、臓器が何十倍にもなって大きく映ってる。だから、非常に微妙な臓器なんだけれど、それがその、目の前に大きく出てるんで、それを見ながら手術するから、非常に微細なところの精度を高くできるということですね。それと一番の利点はというのは、先生も言ってましたけど、あの、手ぶれがないって言うんです。あの、どうしても腹腔鏡の場合は、あの、先生の、手術する人の手の動きと先端がやっぱり連動します。どうしても手術は、疲れてくるとか長時間にわたるとどうしても手ぶれが起こってくる。それがその毛細血管を傷つけたりということが起こると。ところが、ロボットというのは自動手ぶれ防止装置が付いてるから。ええ、だから、全く手ぶれが起こらないんですと。これが最大の利点なんです。だから、まさにやろうとしていることがきちっと、その、ミクロン単位で手術ができる。それによって、あのー、出血も起こらないと。だから、今まで出血例が1例しかありませんという話。四百何十例やって。私の場合も、手術終わった後に、全く出血ありませんでしたと言われました。へえ、と。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言