インタビュー内容テキスト

―― あの、経済的な負担が、あの、どれぐらいあったかというところ、あの、もしよろしければ、どれぐらいお金がかかったか。

これは言っていいんでしょうね。あの、えーと、手術代が、あの、130万ぐらいです。その当時。で、えー、保険の適用はありませんと。で、それ以外に…ロボット手術そのものが130万ですね、それ以外にいろんな治療とか薬の投入だとかありますよね。それはもちろん保険。それらが全部仮に保険でも金額もかさんでも、あの、高額医療補助制度(※高額療養費制度)がありますね、治療費の。あれに適用すれば、あの、1年間に私の場合で15万ぐらいで打ち切りなんですね。で、結果的にはですから130何万かかりましたけどね。

―― その、ロボット手術の部分で、お金がそれだけかかったということ。

部分がほとんどです。ほとんどです。ただですね、ここはもう、あの、あれなんですけど、私は12月に手術しましたね。ところが、翌年の4月にロボット治療も保険の対象になったんです。私はその手術時には知らなかった(笑)。だから、まあ、終わってしまった話ですからね。

―― それ、でも、お聞きになってどう思われました?

はは、これは、まあ、仮にそれ知ってたら、4月以降にずらしたかもしれないですよね。

―― あ、可能性はありましたか。

いやあ、それは例えば、4月になったら保険適用になりますよと言われれば、じゃあ4月まで我慢しましょうかっていうことにはなりますよね。半年ぐらいっていうか5カ月ぐらい。ただ、そのことによって転移したかもしれないということを考えればですよ、まあ、これはいいんだろうなと。

―― 早目にできたのも良かっただろうと。

早目に取っていいだろうなと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言