※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:24歳(2019年3月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)、電動の車椅子使用
学校と専攻:大学・表現学部(2013年度入学)

関東地方在住の女性。脚本家になる夢を持ち、視野を広げたいと思って大学進学を決めた。言葉による表現に関心があり、「表現学部」を選んだ。卒論で関心のあるテーマで論文を書きあげたことは、大変だったが楽しかった思い出。ゼミ仲間ともいい時間が過ごせた。現在は、大学で学んだことを活かしながら、広報のアルバイトを行っている

何か、やっぱ、自分のときは何かヘルパーが使えなかったから、何か、やっぱ、あの、そういう、何だろう、何て言ったらいい、何だろうな、えーと、自分、自分の…、まあ友達、友達とかでも、やっぱまかない切れない部分とかも、部分とかもできちゃ、出てきちゃうので、やっぱりヘルパーさんとかがもうちょっと充実したらいいんじゃないかなとは思ってます。はい。

――分かりました。あの、えーと、ご自身のときはヘルパーさんが使えなかったっていう話が中にも、何回か出てきたかなと思うんですけど。

なので、有料で全部やってたので。

――ちょっと、そういう支援、支援のこととかを、あんまり知らない方が見るっていうのもちょっと想定してそのあたり、もうちょっとだけ伺いたいんですが。生活の介助はヘルパーさんが使えたんですかね。

えーと、まあ、大学内で、その介助をするっていうこと自体駄目だったので。

――駄目だったんですね。それは大学内で、大学内の中で、例えばこう食事、食事のときとか、さっき、昼休みが短いっていう話だったんですけど、お食事とか、えーと、お手洗いとか、そういうときはご自身はどういうふうにされてたんですか。

ともだ、うーん。食事は友達に、スプーンとか取ってって言えてたときもありましたけど、やっぱりトイレまではちょっとさすがに恥ずかしくて頼めなくて、やっぱり有料でヘルパーさんを派遣してました。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧