※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:24歳(2019年3月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)、電動の車椅子使用
学校と専攻:大学・表現学部(2013年度入学)

関東地方在住の女性。脚本家になる夢を持ち、視野を広げたいと思って大学進学を決めた。言葉による表現に関心があり、「表現学部」を選んだ。卒論で関心のあるテーマで論文を書きあげたことは、大変だったが楽しかった思い出。ゼミ仲間ともいい時間が過ごせた。現在は、大学で学んだことを活かしながら、広報のアルバイトを行っている

何か、普段何気なく、使っている言葉でも、何か、こういう、ときに自分はこういう意味で、使って…。うん。でも、ネットの言葉だったからな。そのとき調べたのがネットの言葉だったけど自分…、自分のやっぱ言葉に対する知識っていうか…、まあ、研究したのはSNS上に載ってた言葉だったんですけど、自分の言葉の知識っていうか、何だろう、自分の言葉の知識を何か、違う角度から見たりとか…、より広い視点で見たりとか、そういう言葉に、言葉に関することで、そういう視点が持てたのが一番良かったなって思いました。はい。

視野が広がるっていうか、世界が広がるっていうか、自分の今までの知らなか、知らなかったことに出会うことによって、えーと、自分の何か成長って言ったらおかしいけど、何か、自分がより大きくなれるというか、自分、自分、また、少し前の自分とは違ったものの見方とか考え方とかができる…、できることが私にとっては一番大きいことだったかなって思います。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧