※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:24歳(2019年3月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)、電動の車椅子使用
学校と専攻:大学・表現学部(2013年度入学)

関東地方在住の女性。脚本家になる夢を持ち、視野を広げたいと思って大学進学を決めた。言葉による表現に関心があり、「表現学部」を選んだ。卒論で関心のあるテーマで論文を書きあげたことは、大変だったが楽しかった思い出。ゼミ仲間ともいい時間が過ごせた。現在は、大学で学んだことを活かしながら、広報のアルバイトを行っている

――そもそも大学に行きたいなって思い始めたのは、もう、あの、だいぶ前からですか?

そうですね。初めてその担任の先生に打ち明けたのは中学校、うーん、いつだろう…、1年か2年のときで、親に言ったのが高校2年のときか、だったと思います。

――はい。そのときは、こう何で大学に行きたいっていうふうに思われたんですか。

何か、あの…高校の同級、ど、あ、中学校のときに、何か夢で、脚本家になりたいっていう夢があって、えーと、文学とかいろいろ文章を、書けるために大学に行きたいなって思ったのが一番最初のきっかけで。
だったら…、大学に行って世界を、視野を広げるっていうか経験をしてみようかなって思いました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧