※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時年齢:49歳(2019年4月)
障害の内容:視覚障害(全盲)
学校と専攻:大学・社会学部(1991年度入学)、大学院(1995年度入学)
関東地方在住の女性。小学校2年生まで普通学校に通い、その後中3まで盲学校。高校は普通学校に進学した。大学で一人暮らしを始め、盲導犬と一緒に暮らし始めた。大学院の時に、全盲学生で初めて東京都立の一般の高校で初めて教育実習を受けた。自分の母校の高校での実習はとても大変だったが、かけがえのない時間となった。現在は、全国的な当事者ネットワークである「全国障害学生支援センター」の事務局長をしている。

詳しいプロフィールを見る

も ともとそこ(自分が入学した大学)は、既に在学生で視覚障害の方がいたんですね。だから、どちらかというと、もういたのであんまりこう、向こうがこう四苦八苦しなかったっていうか、私が3人目だか何か分かんない、4人目だか分かんないんですけど。しかも在学しているから、前にもう、今その時点でね、上級生が。あんまり言われませんでしたね、いろんなことは。ただ教材とかの準備は全部自分、自分ですよっていうのはあったので、基本的にもう、それぐらい。だから特に、大学に何かしてもらったとかはなくて…。ただ、やっぱり事務とかの書類はね、自分で書けないから、そういうのはお願いして代筆してもらうとかはありました。だから担当者を決めてもらって、その人に、いつも大体同じ担当者の人になるべくは。まあ、その人いないときは別の人だったんですけど、同じ担当者の人になるべく分かるようにしてくれて、その人と書類を作ったりとか、履修登録とかもやりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14056 (17) { ["term_id"]=> int(14) ["name"]=> string(45) "合理的配慮をめぐる大学との対話" ["slug"]=> string(5) "taiwa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(14) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(14) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "合理的配慮をめぐる大学との対話" ["category_nicename"]=> string(5) "taiwa" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る