※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー15

インタビュー時年齢:49歳(2019年4月)
障害の内容:視覚障害(全盲)
学校と専攻:大学・社会学部(1991年度入学)、大学院(1995年度入学)
関東地方在住の女性。小学校2年生まで普通学校に通い、その後中3まで盲学校。高校は普通学校に進学した。大学で一人暮らしを始め、盲導犬と一緒に暮らし始めた。大学院の時に、全盲学生で初めて東京都立の一般の高校で初めて教育実習を受けた。自分の母校の高校での実習はとても大変だったが、かけがえのない時間となった。現在は、全国的な当事者ネットワークである「全国障害学生支援センター」の事務局長をしている。

詳しいプロフィールを見る

ま あ、基本的に学校に電話して点字受験をやってますかって言って、受け入れてますかって言って、もう受け入れてますっていうところしか受けなかったので。過去にたぶん前例がないところは、多分私が受けたとこはないと思うので、多分過去に受け入れがあったので、特にその何ていう、こちらから特に一生懸命いっぱいお願いするとかそういうのはなくて、もう、あの、前もって。
 前もって来てくださいって言われたところは多分ほとんどなくて、もう当日受験の日に来てくださいって言われる感じで、行って普通に。
 だから時間延長とかも、あの、今はね、何かいろいろ書式を出したりしなきゃいけないんですけど当時はそんなにうるQ:じゃあ、点字受験で、やっていますって言われたところに。さくなくて、もう点字受験イコール時間延長、イコール1.5倍みたいな、もう決まってた感じだったんで、もう、書式に従って申し込みをして、もう行ったっていう感じです、直接。

――じゃあ、点字受験で、やっていますって言われたところに。

もう準備も。だから、そういうところだから、もう準備もしてて、私は何も、だから、その特に私が動いて何か認めさせたとか、そういうのは何もなく、もう、やれますよって言ったとこにしか行ってないんで。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14112 (17) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(24) "入試の準備と実際" ["slug"]=> string(6) "nyushi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(9) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "入試の準備と実際" ["category_nicename"]=> string(6) "nyushi" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る