診断時:52歳
インタビュー時:53歳(2012年1月・3月)
首都圏在住。2004年頃から職場の人間ドックを受け始めた。検査項目の中に便潜血検査が入っていたのでそれ以来検査を継続してきたが、2010年に初めて結果が陽性になった。その後検査を専門とする病院で内視鏡検査を受けてがんの可能性が高いと言われ、紹介状を持って訪れた大学病院で確定診断を受けた。発見が早かったため、がんはまだ小さく快復が早かったのは運が良かったと思う。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

木下さん(仮名)は首都圏在住の会社員である。2004年から受け始めた職場の人間ドックには便潜血検査が入っているので、大腸がん検診も毎年受けている。便秘気味ではあったが太い便が出ていたので、まさか大腸がんにかかるとは思ってもみなかった。一般的に言われる大腸がんの症状、例えば便が細くなる、下痢と便秘を繰り返すということは直腸がんやS字結腸のがんなど、肛門に近い部位の症状であることを知ったのは、がんにかかってからだ。だから、便潜血検査で陽性となり、内視鏡検査を受けて大腸がんではないかと言われたときにはとても驚いた。

大腸内視鏡検査は自分で探した検診を専門にする病院で受けた。内視鏡検査のリスクはインターネットで病院を探すときに色々調べたので知っていた。検査は痛みもあるが下剤を2リットルも飲まなくてはいけないのが辛かった。レベル5、つまり悪性と判定された。開腹手術が必要だと言われ、紹介状を持って、職場近くの大学病院に行った。大学病院では、CT検査でリンパ節に転移があるかどうか調べ、注腸検査も受けた。幸い転移はなく、注腸検査では上行結腸にがんがあることがわかった。がんは2cmのポリープの上に1cmほどの大きさでできており、ごく初期の状態で発見された。上行結腸は腹壁にくっついているので、がんの部分だけを切るのではなく上行結腸全てを切る、つまり盲腸と横行結腸をつなぐ手術が必要だと聞いた。結局、手術は腹腔鏡手術で行った。以前から腫れていると指摘されていた卵巣と、胆石のある胆のうも一緒に手術した。計5時間かかった。術後は、麻酔が合わなくて辛かったり、腹腔鏡を入れたお臍の周囲から出血したりとトラブルもあったが、術後の抗がん剤治療などは一切なく、入院も10日と短かった。退院してから10日ほど休んで、仕事に復帰したので、結局仕事を休んだのは3週間くらいだったと思う。費用も安く済んだ。これも、検診を受け、早期にがんが発見できたおかけだと思っている。知り合いにも検診を受けることを勧めている。

手術後のケアは、大腸がんのガイドラインに沿って適切に行われていると思う。ガイドラインはインターネットで調べて知った。大学では薬学を学び薬剤師の資格ももっているので、専門的な文書を読むのにそれほど抵抗はない。ガイドラインで示されたことをやっていなければ、医師に質問をするだろうが、今のところ大丈夫だ。だが、手術の後の痛みは長く続く。術後1年たった今でも、伸びをすると手術したところは痛いし、お腹がすき過ぎると腸が痛くなる。このあたりは医療者にはわからないかもしれない。

2011年術後1年たった検査でポリープが見つかった。6~7ミリの大きさになっていたが、手術の前後の検査では見つからなかったので、大腸内視鏡検査も完ぺきではないとは思っている。だが、術後の定期的なCT検査や腫瘍マーカーなどで他の臓器のがんのチェックもできているし、食生活にも気をつけるようになったのは一病息災だろう。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー07:体験談一覧