※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:52歳
インタビュー時:53歳(2012年1月・3月)

首都圏在住。2004年頃から職場の人間ドックを受け始めた。検査項目の中に便潜血検査が入っていたのでそれ以来検査を継続してきたが、2010年に初めて結果が陽性になった。その後検査を専門とする病院で内視鏡検査を受けてがんの可能性が高いと言われ、紹介状を持って訪れた大学病院で確定診断を受けた。発見が早かったため、がんはまだ小さく快復が早かったのは運が良かったと思う。

―― その大腸内視鏡の、ま、検査についてなんですけれども、それは、麻酔か何かかけたんですか。どんな感じでしたか。

大腸の内視鏡の検査でたぶん一番つらいのは、2リットル下剤を飲まなきゃなんないということですね。腸を空にしなきゃなんないので、病院に行って、2時間か3時間ぐらいかけて2リットルぐらい下剤を飲むんですね。それがもう、まずもって大変ですね。その前の日から、食事制限が少しあって、それで前の日も下剤飲んで、内視鏡の検査の当日も2リットル飲まなきゃなんない。それがまず、おいしくないんですよ。だから、その下準備というのがすごく大変ですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧