※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:52歳
インタビュー時:53歳(2012年1月・3月)

首都圏在住。2004年頃から職場の人間ドックを受け始めた。検査項目の中に便潜血検査が入っていたのでそれ以来検査を継続してきたが、2010年に初めて結果が陽性になった。その後検査を専門とする病院で内視鏡検査を受けてがんの可能性が高いと言われ、紹介状を持って訪れた大学病院で確定診断を受けた。発見が早かったため、がんはまだ小さく快復が早かったのは運が良かったと思う。

あの、2010年の8月に、あの、人間ドックを受けまして、で、9月の中ごろに結果が返ってきて、で、あのー、大腸の便、便の、潜血が、陽性であるという結果で、あの、再検査が、というか、あのー、精密検査が必要であるという結果が返ってきましたので、自分で、まあ近所の、内視鏡を専門、検査を専門にしているクリニックに行きました。そしたら、あのー、がんが見つかりました。はい。

―― では、もう、じゃあ、内視鏡検査をしているときにもうがんだということを言われたってことですか。

えー、がん、たぶん、がんだろうと言われて、ただ、あのー、まあ、その、先生の勘では、ま、早期だろう。ただ、やはり、あのー、細胞診という、あのー、診断を見ないと分からないけれども、まあ、たぶん悪性の可能性が高いということはそのときに言われました。

―― そのときにどのように、あの、お感じになりましたか。

「ええっ、うそ」という感じですね。あのー、自分自身なんの、まあ、もともと便秘症は便秘症だったんですけれども、あのー、至って、あの、どこが悪いとかっていうこともないし、あと、あの、人間ドックの、あの、検査項目には腫瘍マーカーも入ってるんですけど、肝臓も、あの、大腸の腫瘍マーカーも全部正常範囲だったので、えーっという感じはしました。信じられないという感じでした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧