※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:52歳
インタビュー時:53歳(2012年1月・3月)

首都圏在住。2004年頃から職場の人間ドックを受け始めた。検査項目の中に便潜血検査が入っていたのでそれ以来検査を継続してきたが、2010年に初めて結果が陽性になった。その後検査を専門とする病院で内視鏡検査を受けてがんの可能性が高いと言われ、紹介状を持って訪れた大学病院で確定診断を受けた。発見が早かったため、がんはまだ小さく快復が早かったのは運が良かったと思う。

―― まあ、ほかのがんの検診も受けたほうがいいというふうにお考えですか。

そう、そうですね。やはり、あの、早期発見、早期治療にこしたことはないので、はい。今回も本当に早期だったので、あの、ダメージも少なくて、あと、医療費もね、少なくて済んだ。少なくてというか、あのー、ま、そんなにかからなくて済んだというのはあると思います。はい。

―― じゃあ、ま、特にあまりそういうことについては思い悩んだりとか。

あ、もう、なっちゃったら仕方ないので、まあ、後は、もうなるべく定期的に検査受けて、見つかったら、まあそれなりに対処するってことしかないですね。ただ、もう本当に早期に見つかれば、本当に切っておしまいになることが多いので、あの、なるべく早期に見つけることが大切だなっていうのは、本当につくづく今回感じました。

―― ああ。自分、あの、ご自身のそういったご経験を誰かにこう話すことはありますか。

あ、それは、あの、まあ、親しい友達には話してます。はい。

―― 皆さん、じゃあ、検診受けてみようかしらっていうふうに。

あ、妹にもね、まあ、「検診受けたら」って言ったら、「うーん、時間かかるしな、めんどくさいな」という感じですね。まあ、後は自己責任なので。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧