※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:52歳
インタビュー時:53歳(2012年1月・3月)

首都圏在住。2004年頃から職場の人間ドックを受け始めた。検査項目の中に便潜血検査が入っていたのでそれ以来検査を継続してきたが、2010年に初めて結果が陽性になった。その後検査を専門とする病院で内視鏡検査を受けてがんの可能性が高いと言われ、紹介状を持って訪れた大学病院で確定診断を受けた。発見が早かったため、がんはまだ小さく快復が早かったのは運が良かったと思う。

―― あの、そのバリウムの検査というのは、たぶんされてる方それほど多くないと思うんですけれども、あの、どんな感じでしたか。

ああ、大変でしたよ。あのー、私の前に、あの、ちょっと高齢の男性の方がやっぱりバリウムの検査してたんですけれども、あの、途中で気分が悪くなって、もう途中でやめられたんですね。で、まあ、そんなものかなと思って、自分の番になったんですけれども、あのー、肛門からこう空気を入れるんですけれども、腸というのはこうぐにゃぐにゃ曲がっているので、エックス線のカメラとかと合わないわけですね。で、それで、あのー、補助の先生が、男の先生が二人がかりで私を支えていろんな体形にならなきゃなんないんですね。横になったり、斜めになったりで。それで何かやっとという感じで、たぶん私は、あの、体力があったので、そういう体形をつくることできたんですけど、たぶん体力のない方だったらもうほとんどできないんじゃないかなと思いました。はい。

―― それは何かこう、専門の台みたいな所に乗るんですか。

いや、普通の本当に、あのー、普通のベッドなんですね。ベッドだけで、それで、あのー、真横になんなきゃなんないんですよね。だから、自分では、一人ではなれないので、前と後ろを、あの、おなか側と背中側を2人の先生が支えてるっていう感じですね。だから、すごく、あのー、大変だったと言ったら、後で先生に言ったわけですね。主治医に言ったら、「うん、大変だよ」とかって言ってましたので、はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧