※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:52歳
インタビュー時:53歳(2012年1月・3月)

首都圏在住。2004年頃から職場の人間ドックを受け始めた。検査項目の中に便潜血検査が入っていたのでそれ以来検査を継続してきたが、2010年に初めて結果が陽性になった。その後検査を専門とする病院で内視鏡検査を受けてがんの可能性が高いと言われ、紹介状を持って訪れた大学病院で確定診断を受けた。発見が早かったため、がんはまだ小さく快復が早かったのは運が良かったと思う。

私は早期だったので、あの、本当に、一番最初のクリニックでも、切っておしまいと言われたんですね。だから、手術だけで済んで、それも、あのー、腹腔鏡の手術だったので、あの、そんなに体力も消耗しなかったし、あの、本当に早期だったので、痛みも何も感じてなくて、もともとの体力があったので、あの、それだけはすごく、あの、助かりました。だから、復帰も早かったし、あと、あの、本当に化学療法とかそういうので苦しむこともなかったので、あの、本当に手術だけで済んで、あの、復帰も、後は、かん、簡単とは言いませんけれども、あの、まあ、あのー、何とかこなすことができました。
で、やっぱり、あのー、大腸がんの、あのー、な、何ていうんですか、よくあるパターンというのは、あのー、ポリープからがんになる。それもすごくゆっくりなスピードなんですね。で、私のほうも2センチぐらいのポリープで、がんは1センチあったかな、ないかなという感じなんですけど、だから、あのー、ま、私も大腸がんの内視鏡の検査があるっていうのは知ってましたけど、やはり何かね、あの、聞くところによると下剤飲まなきゃなんないし、お尻から入れなきゃなんないし、嫌だなあと思ってずっとやってなかったんですよね。あるのは知ってたんですけども。ですから、あの、今回も、あのー、もっと早い段階で内視鏡の検査受けてればがんにならずに済んだのかなというのは一つ後悔してますね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧