インタビュー内容テキスト

妻の父親も人間ドックを受けてですね、で、ちょっと異常が見つかったんですね。で、精密検査を受けなさいということで、精密検査も受けたんです。で、受けても異常がないと言われたんですね。で、その半年か1年後に、あのー、容態がおかし…変わってですね。大腸がんだということで。あのー、私の妻はね、人間ドックとか精密検査なんか、全然、信用してないんです。

―― ああ。受けていたのに。

そうです。

―― そこで、内視鏡検査で、じゃ、わからなかったっていう。

わからなかったのか、見逃したのか、わかりませんけどもね。ええ。だから、一概に、人間ドックさえ受ければ、すべて見つかるとは限らない。

―― じゃ、まぁ、運が良かったっていうことも入ってますよね。

うん。そう…そうですね。はい。……ただ、うちの父に関しては、私が大腸がんになったから。

―― はい。

僕が、なってなかったら、父親は行かなかったと思いますね。検査にね。私がなったから、自分も行ってみようという気になりましたから。ええ。

―― じゃ、まぁ、発見されることもあるから、まぁ、それも運もあるけれども、まぁ、受けておいたほうがいいのかなっていう。

そうですね。逆に言えば、あのー、本当に心配であれば、二箇所ぐらいでですね、あのー、受診してみたらですね、もっと、あのー、発見できる確率がね、上がるんじゃないかなと思いますけど。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言