※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:52歳(2012年3月)

関西地方在住。会社の補助で受けている人間ドックで潜血反応が陽性と出て、内視鏡検査をしたところ、S字(S状)結腸に悪性と思われるポリープが見つかり、その場で切除した。調べてみたら、案の定がんであることがわかった。先天性の弱視で40歳半ばに全盲になったが、その直後にがんが見つかり、まさにダブルパンチだった。しかし、それを機にスポーツを始め、現在ではトライアスロンに参加する盲人アスリートとしても活躍している。

病気というのは、まったく経験したことのないことから、病気になりますから。病気の体験とかないんで、えー、全然、その、自覚症状がない、そういう時にですね、健診を受けて、まぁ、データ、数値が、ちょっと正常値よりも違ってるとかね。症状が出る前にわかる。それで、早期に発見できれば、私のように、日常生活、全然、不自由なくですね、あのー、完治できるというね、ことが、やっぱり、メリットだと思いますけども。はい。

―― やっぱり、こう、ご自身が、その、定期健診で、あの、がんを早期に発見することができたっていうことで、こう、周りの人に、あの、健診、受けたほうがいいよとか、そういうことを勧めたりとかっていうことはございますか?

ええ。それは勧めてますね。で、一番、良かったのはですね、私の父が、あのー、医者、嫌いだったんですけど、僕が大腸がんになったっていうことを言いましてですね。で、父も、私がなってから、5年目ぐらいにですね、あの、便の出方がちょっとおかしいと、そういうことを言ってましたんで、それは、一度、診察を受けてみるべきだということで勧めましてですね。で、調べた結果ですね、僕より大きいがんが見つかったんですよ。

―― …なるほど。

それで、あの、父も、あのー、もう、開腹手術するか、内視鏡手術するかというギリギリのところだったんですけども、うまくですね、内視鏡で取り除くことができてですね。ええ、助かったという事実はあります。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧