※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:52歳(2012年3月)

関西地方在住。会社の補助で受けている人間ドックで潜血反応が陽性と出て、内視鏡検査をしたところ、S字(S状)結腸に悪性と思われるポリープが見つかり、その場で切除した。調べてみたら、案の定がんであることがわかった。先天性の弱視で40歳半ばに全盲になったが、その直後にがんが見つかり、まさにダブルパンチだった。しかし、それを機にスポーツを始め、現在ではトライアスロンに参加する盲人アスリートとしても活躍している。

―― その間の、あのー、待たれてる間のお気持ちっていうんですかね、それはどういうものがあったんですか?

そうですね。あのー、まぁ、まず、専門医のクリニックでしたから、「もう、形からして悪性だと思いますんで」ということを言われてましたから、実際、結果が来た時もですね、ああ、やはりそうだったのかと。あの、痔だと思って受診したのがですね、悪性。まぁ、それを聞いた時には、やっぱり、あの、まぁ、見えなくなっても死なないですけれどもね、やっぱり、がんということを聞くとですね、やっぱり、少し、死ということをね、考えてしまいましたね。はい。
僕の場合、本当に早期の発見でしたんで、そういう、あの、仕事に関する影響もほとんどなかったですね。ただ、あのー、気持ち的には、あのー、先ほど言った、死をちょっと、考えることになったということで。いつ、死ぬかもわからないなというね。やり残してしまうようなこと、あとに回してるようなことを、あの、できる時にやっておこうという風に気持ちが変わりましてですね。それで、あのー、マラソンとかですね、あのー、身体に良いこと、そういうのを始めるきっかけにはなりましたね。はい。
見えなくなって失明して、えー、2、3年で、今度はがんだと言われたんで、まぁ、ダブルパンチのような感じでしたけどね。でも、開き直りましたね。

―― ああ、そうですか。

もう、これ以上、悪くなることないだろうと。それだったら、いつ死んでもいいように、やりたいことをやろうというようにね、こう、開き直りましたね。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧