※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:52歳(2012年3月)

関西地方在住。会社の補助で受けている人間ドックで潜血反応が陽性と出て、内視鏡検査をしたところ、S字(S状)結腸に悪性と思われるポリープが見つかり、その場で切除した。調べてみたら、案の定がんであることがわかった。先天性の弱視で40歳半ばに全盲になったが、その直後にがんが見つかり、まさにダブルパンチだった。しかし、それを機にスポーツを始め、現在ではトライアスロンに参加する盲人アスリートとしても活躍している。

妻の父親も人間ドックを受けてですね、で、ちょっと異常が見つかったんですね。で、精密検査を受けなさいということで、精密検査も受けたんです。で、受けても異常がないと言われたんですね。で、その半年か1年後に、あのー、容態がおかし…変わってですね。大腸がんだということで。あのー、私の妻はね、人間ドックとか精密検査なんか、全然、信用してないんです。

―― ああ。受けていたのに。

そうです。

―― そこで、内視鏡検査で、じゃ、わからなかったっていう。

わからなかったのか、見逃したのか、わかりませんけどもね。ええ。だから、一概に、人間ドックさえ受ければ、すべて見つかるとは限らない。

―― じゃ、まぁ、運が良かったっていうことも入ってますよね。

うん。そう…そうですね。はい。……ただ、うちの父に関しては、私が大腸がんになったから。

―― はい。

僕が、なってなかったら、父親は行かなかったと思いますね。検査にね。私がなったから、自分も行ってみようという気になりましたから。ええ。

―― じゃ、まぁ、発見されることもあるから、まぁ、それも運もあるけれども、まぁ、受けておいたほうがいいのかなっていう。

そうですね。逆に言えば、あのー、本当に心配であれば、二箇所ぐらいでですね、あのー、受診してみたらですね、もっと、あのー、発見できる確率がね、上がるんじゃないかなと思いますけど。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧