※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:52歳(2012年3月)

関西地方在住。会社の補助で受けている人間ドックで潜血反応が陽性と出て、内視鏡検査をしたところ、S字(S状)結腸に悪性と思われるポリープが見つかり、その場で切除した。調べてみたら、案の定がんであることがわかった。先天性の弱視で40歳半ばに全盲になったが、その直後にがんが見つかり、まさにダブルパンチだった。しかし、それを機にスポーツを始め、現在ではトライアスロンに参加する盲人アスリートとしても活躍している。

―― で、えーと、そちらで、あの、精密検査を受けられたっていうことなんですけれども、その検査を受けるにあたって、その検査の方法であるとか内容について、どういうご説明を受けられましたか?

ええ、あのー、内視鏡によるですね、あの、検査になって。で、あの、その中で、もしも、ポリープとか、そういうものが発見された場合にですね、えー、そのまま、あの、要するに、取り除いていいかどうか。そういう色んな説明がありましてですね。まぁ、同意しまして、受けることになりました。

―― あのー、まぁ、中には、内視鏡検査に対する、こう、不安を持っている方もいらっしゃると思うんですけれども、内視鏡検査については、あの、受ける前に、そういう、何か、こう、痛そうだなとか、何か、そういうのはありましたか?

いや、あのー、まぁ、有名な、あの、クリニックだったんでですね。それで、えー、実際、受ける時には、あのー、麻酔でですね、あの、寝てる間に終わってしまうよということだったので、あまり不安感はなかったです。

―― 実際、受けられた時の、それほど、こう、あの、痛みとか、何か、こう、違和感とか、そういうのはあんまり。

あ、まったくありません。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧