※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:52歳(2012年3月)

関西地方在住。会社の補助で受けている人間ドックで潜血反応が陽性と出て、内視鏡検査をしたところ、S字(S状)結腸に悪性と思われるポリープが見つかり、その場で切除した。調べてみたら、案の定がんであることがわかった。先天性の弱視で40歳半ばに全盲になったが、その直後にがんが見つかり、まさにダブルパンチだった。しかし、それを機にスポーツを始め、現在ではトライアスロンに参加する盲人アスリートとしても活躍している。

―― 実際の、さっきのお話の中で、内視鏡検査そのものは、大変ではなかったっていうことだったんですけども。その前段階の色んな準備は、大変だったんですか?

そうですね。一週間ほど前から、色んな食事制限。繊維質の物は食べないとかですね。前々日あたりから、その検査のための、食事が、クリニックから送られてくるわけですね。それしか、食べてはいけないとか。そういうものがありますから。当日も、下剤を飲んで。前日の夜から下剤を飲んで、当日の朝も飲んで、それで、検査のところに行って、また、たくさん下剤を飲むというね。そういう、通常生活では、しないことをね、することになりますから。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧