※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:52歳(2012年3月)

関西地方在住。会社の補助で受けている人間ドックで潜血反応が陽性と出て、内視鏡検査をしたところ、S字(S状)結腸に悪性と思われるポリープが見つかり、その場で切除した。調べてみたら、案の定がんであることがわかった。先天性の弱視で40歳半ばに全盲になったが、その直後にがんが見つかり、まさにダブルパンチだった。しかし、それを機にスポーツを始め、現在ではトライアスロンに参加する盲人アスリートとしても活躍している。

初めて、その、受診してですね、あの、麻酔が切れかかってきた頃に、「もう少し遅かったら、人工肛門だったかな」というふうな声が、耳に、こう、入って来たんですね。その時に、えーっという、ちょっと驚きがあってですね。で、あのー、その診察が終わったあとに、医師の説明で、あのー、「電気メスで、取り除きましたと。で、これ、たぶん、あの、悪性だと思いますが、実際、その、もう一度、その細胞を検査してですね、あの、後日ですね、説明します」ということだったんで、ああ、悪性だったのかなぁということですけども。まぁ、あの、取り除いてもらったので、まぁ、不安な部分とホッとした部分、半分、半分ぐらいだったと記憶してます、はい。

―― それで、あの、検査に、まぁ、あのー、まわされて、えーと、診断がつくまでに、どれくらい期間があったんですか?

うーん、あのー、一週間ぐらいだったと思うんですが、まぁ、仕事してる関係上ですね、あのー、かかりつけのクリニックのほうに連絡が来るっていうことだったんで。その検査の結果を知ったのは、2週間後ぐらいだったと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧