インタビュー内容テキスト

―― それは、あの、毎年受けてらしたんですか。

はい、そうですね、毎年、検便検査は毎年。

―― は、ということは、1年に2回受けていたんですね。

そうですね。

―― 区と、えーと、組合と。

組合のほうは、ときどき抜いたり、ま、区のほうは、あのー、無料で、健康診断のね、あ、いくらか追加料金、オプションでとられるんですけども、あのー、ま、それを受けていましたね。……。

―― その検便をやってらっしゃったというのは、えー、どういったところでやっていましたか、市の検診、区の検診。

あ、区の、区の検診と組合の検診、両方です。で、区の検診は2度やるんです。1日おいて、次の日。組合、麺業組合ですね、の検診は1度だけなんです。両方やりました。で、同じように両方プラスになったりマイナスになったりの繰り返しだったんです…。だから、7年前に、がんの診断された7年前に、その区の検診のときに、そのかかりつけの先生に、「これは精密検査しろ」って言われたんです。プラスだ、なったから。だけど、自分は痔だと思って、…それを受けなかったんです。だから、あとになって、その先生にすごくお叱りを受けました。「あんときに、自分の言うことを聞いていれば、精密検査をしてれば、こんな大きくならずにすんだ」と。まあ、それは、結果論になっちゃうんだけども、まあ、今、こうして、転移していなかったことがね、思えば、まあ、笑い話ですんでるかなあ。自分は、まあ、ね、救われているから、すごく、幸せな身だなと思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言