インタビュー内容テキスト

今から思えば、初めて、病院に、今の主治医の先生がいらっしゃる病院に行ったときに、私は「もう1日でも早く、がんを取ってください。もう胸なんて要りません。がんを取ってください」って言ったんです。そうしたら、主人は「いや、これから先、まだ長いから、友達にしろ、自分にしろ、旅行に行ったり、海に行ったり、着替えるときでも、うん、困る…だろうから、先生、温存にしてやってください」って。でも、私は「先生、がんを、1日でも持っておきたくないんで、もう胸なんて要りません。取ってください」って。そうしたら、主人がまた「いや、残してやってください」って。うん。そういうのがちょっとあって、そうしたら、先生が「いや、きっとね、それはまだ、(術前抗がん剤の)治療してから決めればいいことだし、やっぱり胸って女の人の象徴だから、残したほうがいいよ」って先生が言われたんで、うん、温存っていうか、残すことを、決めたっていうか、(結局、治療して)残せることに、なったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言