インタビュー内容テキスト

で、退院してからは、ちょっと日にちを空いて、放射線を今度始めたんですけど、その間はね、何ていうか、気分が軽いから、「もう私はがんを取ったから、がん患者じゃないよ」って、いうのがあるから、気分が軽いんで、手術後(あと)だけど、いろんなことができたっていうか。うん。「家事も頑張ろう。手術でいなかった分、頑張ろう」とか言って、こう、できた。あと、抗がん剤の副作用ももうなくなってきたんで、もう体がすごく軽くなってたんで。
で、放射線を、受けることになったんですね。放射線は、あの、25回。で、表から1分、裏から1分、計2分を毎日。土日以外は毎日、病院に受けに行ってたんです。だから、放射線を2分のために、毎日行くっていうのが、もう、ねえ、ちょっと体力的にもしんどかったし。何か放射線もちょっとやっぱり食欲がなくなったりとか、いうのはあったんですけど。でも、放射線で、2分、当てるだけなんだけど、着替えの時間とかのほうがね、何か長いように感じるぐらい、放射線治療って短いですよね。うん。
でも、やっぱりね、治療の三本柱っていうか。抗がん剤、手術、放射線っていうのを、三本柱を、私は全部、病院の、主治医の先生、それから看護師さん、同志がいて、家族がいて、励ましてもらって、無事、放射線25回も、風邪も引くこともなく、何もすることなく、無事に、スムーズにクリアできたんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言