※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:34歳
インタビュー時:37歳(2008年6月)

中国地方在住。2005年6月に自分でしこりを発見。右乳がんと診断される。術前化学療法を行った後、乳房温存術+センチネルリンパ節生検、放射線療法を受けた。現在は、ホルモン療法をしながら、経過観察中である。夫と2人暮らし。パートでコンビニ勤務をしている。

今から思えば、初めて、病院に、今の主治医の先生がいらっしゃる病院に行ったときに、私は「もう1日でも早く、がんを取ってください。もう胸なんて要りません。がんを取ってください」って言ったんです。そうしたら、主人は「いや、これから先、まだ長いから、友達にしろ、自分にしろ、旅行に行ったり、海に行ったり、着替えるときでも、うん、困る…だろうから、先生、温存にしてやってください」って。でも、私は「先生、がんを、1日でも持っておきたくないんで、もう胸なんて要りません。取ってください」って。そうしたら、主人がまた「いや、残してやってください」って。うん。そういうのがちょっとあって、そうしたら、先生が「いや、きっとね、それはまだ、(術前抗がん剤の)治療してから決めればいいことだし、やっぱり胸って女の人の象徴だから、残したほうがいいよ」って先生が言われたんで、うん、温存っていうか、残すことを、決めたっていうか、(結局、治療して)残せることに、なったんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧