※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー12

診断時:34歳
インタビュー時:37歳(2008年6月)
中国地方在住。2005年6月に自分でしこりを発見。右乳がんと診断される。術前化学療法を行った後、乳房温存術+センチネルリンパ節生検、放射線療法を受けた。現在は、ホルモン療法をしながら、経過観察中である。夫と2人暮らし。パートでコンビニ勤務をしている。

詳しいプロフィールを見る

多分、乳がんの方だとご存じだと思うんですけど、ホルモンのプラスマイナスがあるそうなんですけど、私はホルモンがん(ホルモン感受性のあるがん)だったんで、ホルモン治療法ができるそうなんです。できない方、ホルモンが合わない人もいる。だけど、あのー、乳がんって今多いので、新薬が次々出てくるわけですよね。
だから、乳がんって言っても、治療法はさまざまで、今だったら、私は赤い抗がん剤(ファルモルビシンを含んだ治療)を先に行ったけど、ホルモンがマイナスの人は、先に、毎週12回の(別の)抗がん剤行って、(あとから)赤い抗がん剤を行くっていう治療法も最近はあるし。もう乳がんって言ってもひとくくりではないんですね。うん。
だから、私はそのホルモンのほうだったので、リュープリンっていう、3ヶ月に一度、ホルモンの注射。おしりに打つものなんですね。これがまたね、痛いんですよ。おしりに打ったら、例えばこっちに打ったら、帰りの運転でも何かこう(おしりをあげた姿勢で)こういう感じでするぐらい、まあ、痛いものなんですけど。で、値段も、まあちょっと高いんですけど、それを3ヶ月に1回を2年と、今それはもう終わって、今はね、ノルバデックスっていう、私は閉経前に乳がんになってるんで、閉経前に飲む、ノルバデックスっていうのを、1日に1錠を飲んでます。それが5年あるんで、今まあ2年飲んでて、あと3年、はい、飲むようになってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(18) "ホルモン療法" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "ホルモン療法" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る