インタビュー内容テキスト

まあ、もちろん主人は、残業を増やしたりとか、出張に行ったりして。増やしてくれたっていったらおかしいんですけど。やっぱり1回が、値段言ってもいいか分からないんですけど、赤い抗がん剤(FEC)は3週間に1回でも4万円ぐらいだったんです、1回が。だから、まあ、4回したら16万ぐらいですよね。で、白い抗がん剤(パクリタキセル)になったら、毎週だけど、1万5000か何か2万円ぐらい。トータルするとやっぱり一緒なんですよね。
だから、私は、抗がん剤の副作用が無くなったときに仕事に出てたんです。だから、木曜日に打って、日曜日までは休むけど、あとは半日でも2日に1回ぐらい出てっていうのもありますし。あと、国保だったんで、ある程度したら返ってきますよね。うん。だから、それを利用したりってありますけど、でも、やっぱり、経済的に苦しいんで、途中で止められる方もいらっしゃると思うんです。
これだけやっぱりがんが増えたら、その、ね。国からの援助も難しいとは思うんですけど、でも、もっとね、抗がん剤も安く…安くっていったらおかしいけどね。誰でもが受けれるべきであってほしいし。だから、やっぱりお金はものすごく、かかりましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言