※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー12

診断時:34歳
インタビュー時:37歳(2008年6月)
中国地方在住。2005年6月に自分でしこりを発見。右乳がんと診断される。術前化学療法を行った後、乳房温存術+センチネルリンパ節生検、放射線療法を受けた。現在は、ホルモン療法をしながら、経過観察中である。夫と2人暮らし。パートでコンビニ勤務をしている。

詳しいプロフィールを見る

で、これは気付いたことっていうか、今、新しくなられた方の家族に、よく私は言うんですけど、抗がん剤で、こう吐き気があるときには、よく脱水症状に、なりますよね。あれにならないために、「水気は取りなさい」ってのはあります。でも、私の母親もそうだったんですけど、「食べないと、体力が戻らないでしょ」って言うんですよね。でも、食べても、もどすわけじゃないですか。だから、そういう母の言う気持ちもね、分かるんですけど、例えば抗がん剤して、吐くとき、吐いてるときとか、胸やけっていうか、ムカムカするときには、「これ食べる?」とか言って、ものを出すんじゃなくて、「何か欲しいものある?」って聞いたほうがいいかなと思うんです。例えば「トマト食べる?」って赤い抗がん剤打ってるときに言われたら、「トマトなんてね、真っ赤なんて、食べれるわけないでしょ!」って絶対答えると思うけど、「何か欲しいものある?」って聞かれたら、「今、ないよ」とか、まあ、「お水ちょうだい」ぐらいは言えて、どっちもね、こっちもそんな当たらない、家族も当たられないで済むから、うん、そういう聞き方のほうがいいんじゃないんかね、とは、言ってるんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["slug"]=> string(9) "kouganzai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(33) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(26) ["category_count"]=> int(33) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["category_nicename"]=> string(9) "kouganzai" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る