※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

インタビュー時:41歳(2011年12月)
男性・東海地方在住。大腸がんの便潜血検査は、35歳以上になると会社の健診の中に入ってくるので、このところ毎年受けている。昨年初めて陽性と言われた。会社の産業医に紹介状を書いてもらい、大腸内視鏡検査をした結果ポリープがみつかり切除した。20代のころ突然血便が出て、同様の処置をしたことがある。祖父も父もがんになっているので、がんについては気をつけているが、遺伝だから仕方がないという思いもあり、個人的に大腸がん検診以外のがん検診を受けるところまで気持ちが至らない。

詳しいプロフィールを見る

―― 痛みとかは?

痛みはなかったです。麻酔みたいのも、基本的にはなかったと思います。ただ、検査をするにあたって数日前からですね、腸を奇麗にしなきゃいけないんで。なんていうんですかスポーツドリンクに似たような味のする水を、かなりの量飲まなきゃいけなくて。あれが、それが一番つらい感じですね。
まあ、当然その中にも下剤も入ってまして。それで腸を奇麗にした後に検査する、ということになってまして。その飲む量が結構な量なので、結構つらいですかね。そのくらいですかね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12187 (17) { ["term_id"]=> int(74) ["name"]=> string(39) "大腸内視鏡検査の説明と準備" ["slug"]=> string(9) "naijyunbi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(76) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(74) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "大腸内視鏡検査の説明と準備" ["category_nicename"]=> string(9) "naijyunbi" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る