※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:41歳(2011年12月)

男性・東海地方在住。大腸がんの便潜血検査は、35歳以上になると会社の健診の中に入ってくるので、このところ毎年受けている。昨年初めて陽性と言われた。会社の産業医に紹介状を書いてもらい、大腸内視鏡検査をした結果ポリープがみつかり切除した。20代のころ突然血便が出て、同様の処置をしたことがある。祖父も父もがんになっているので、がんについては気をつけているが、遺伝だから仕方がないという思いもあり、個人的に大腸がん検診以外のがん検診を受けるところまで気持ちが至らない。

今までこう、や…まあ生活してて、あのー、そういう、トイレに血便が出るっていうことが基本的になかったもんで、あのー、初めてそれが出た時はやっぱりびっくりして。で、まあ、自分の姉が看護婦を、看護師やってますので、で、ぜひとも行けということになって。まあ、姉に付き添われて行ったっていうことなんですけども。そこでやっぱり、まあ、痔かどうかはっきりわかんないという診断もありましたので、一回、こう、検査してみようか、ということになりました。はい。

―― 実際に、その時は、その時の内視鏡とずいぶん前じゃないですか。その時も、そんなに痛くもなんともない、という感じでしたか。

そうですね。その時も、あの、まあ、その、昨年やった検査も基本的にはやり方すべて一緒で。あのー…そうですね、やっぱり、最初はやっぱり違和感は当然あったんですけども、まあ、一度そういう経験をしたので、そんなに、まああの、嫌ではない感じでしたね。2回目、3回目やった時は。

―― あ、3回目も。

ええ。えっと、定期的に、やっぱり1年に1度ぐらいは、あの、検査しなさい、というように、当初、始めやった時に先生から言われたので、1年後ぐらいに1度、そういう同じような検査をしました。その時は何も、ポリープも何も見つからなかったということでした。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧