※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:41歳(2011年12月)

男性・東海地方在住。大腸がんの便潜血検査は、35歳以上になると会社の健診の中に入ってくるので、このところ毎年受けている。昨年初めて陽性と言われた。会社の産業医に紹介状を書いてもらい、大腸内視鏡検査をした結果ポリープがみつかり切除した。20代のころ突然血便が出て、同様の処置をしたことがある。祖父も父もがんになっているので、がんについては気をつけているが、遺伝だから仕方がないという思いもあり、個人的に大腸がん検診以外のがん検診を受けるところまで気持ちが至らない。

―― 検査の信頼性とかって、どんなふうに感じてらっしゃいますか。

検査の信頼性…うーん…まあ、そこまで深くっていうか、考えたことがないんで、なかなか答えにくいんですけども。まあ、どっちかというと、日本の医療機関というか、日本の医療は、まあトップクラスだと思ってますので。えー…まあ、極端な言い方すると、悪性なのに悪性じゃなかった、と言われることはないだろうというようには思ってます。まあ、その、がんに限らず、思ってます。はい。

―― その逆はどうですかね。つまり、悪性じゃないのに悪性かもって言われて、切るっていうのは。

うーん…逆。逆パターンですか。ああ、あんまし考えたことがほんとにないんですけども。…まあ、あの、その、先ほどの病院の先生の話じゃないんですけど、まあ、ポリープはそんなに、人間として要るものじゃない、えー、切らなくてもいい、でも、それが悪性になるかもしれない、という話は一応聞いてた、聞いたことはありますので。まあ、その、どっちかと言ったら、わたしは一度切った経験があるので、まあ、そんなに難しい手術っていうか、にも値しないと思ってますので、まあ、疑わしきは切る、と。そういうことをすると思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧