※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:41歳(2011年12月)

男性・東海地方在住。大腸がんの便潜血検査は、35歳以上になると会社の健診の中に入ってくるので、このところ毎年受けている。昨年初めて陽性と言われた。会社の産業医に紹介状を書いてもらい、大腸内視鏡検査をした結果ポリープがみつかり切除した。20代のころ突然血便が出て、同様の処置をしたことがある。祖父も父もがんになっているので、がんについては気をつけているが、遺伝だから仕方がないという思いもあり、個人的に大腸がん検診以外のがん検診を受けるところまで気持ちが至らない。

―― で、あの、例えば検便なんかの検査の場合って、2回出さなきゃいけないじゃないですか。2回分ですよね、毎回採るのって。

えーっと、うちの会社は、一応1回でやってます。で、そこで引っかかった人が再検査というような感じになってます。

―― じゃあ、1本だけつく、持って行けばいいということですよね。

そうですね、はい。

―― ああ、そうですか。はい。わかりました。で、えーっと。…じゃあ、それで受ける場所というのは、もう指定されたところに行かれるわけですか、会社の。

あ、えーと、本社の時はですね、えー、本社のビルに医療機関の方が来られて器具を持ち込まれて会議室でやる、ということです。で、まあ、あの、場所というか、以前九州のほうにいた時は、えー、そういう健康管理センターっていうのがありまして、そこですべてできるという仕組みになってます。

―― それとですね、あの。まあ…はじめ、その、2次検査っていいますか、その、内視鏡とか、そういうものを受ける時の、あの、説明なんですけど、事前説明っていうか、その辺っていうのはある程度詳しくあったのか、それとも行っていきなり、こうなんか、「はい、これ飲んでください」っていう感じでいく、なんか、その、結構詳しく説明受けていましたか。

あの、詳しい説明とまではなかったと思います。一応、便を採ったら血が混じってましたので、再度、検査してください、ということで、えーっと、会社経由で話がきました。で、えー、2回目検査してもやっぱり混じってます、ということで、そこで、あのー…産業医と面接を受けて、えー、その結果、まあ、病院で一度検査しましょう、ということになりました。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧