※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:41歳(2011年12月)

男性・東海地方在住。大腸がんの便潜血検査は、35歳以上になると会社の健診の中に入ってくるので、このところ毎年受けている。昨年初めて陽性と言われた。会社の産業医に紹介状を書いてもらい、大腸内視鏡検査をした結果ポリープがみつかり切除した。20代のころ突然血便が出て、同様の処置をしたことがある。祖父も父もがんになっているので、がんについては気をつけているが、遺伝だから仕方がないという思いもあり、個人的に大腸がん検診以外のがん検診を受けるところまで気持ちが至らない。

その結果は、結局、あの、ポリープが見つかったんですけども、えー、そういった、出血、検便の時に出血が見られたということで検査になったんですけども、結局その原因としては、あの、痔、痔ということで。えー、診断されまして。まあ、せっかくなんで、えー、一応ポリープもありますけど切りましょう、ということで切除しました。はい。

―― それは、その、やってる最中に取りましょう、という話で。

そう、そうですね、はい。で、もう取るのも簡単に取れまして。まあ、取れるって言っても、あの、具体的に言いますと、あの、針金の輪っかみたいのを、そのポリープにかぶせてレーザーで、スッと切る、ということなので。まあ、入院もないですし、まあ、簡単に取れるということですね。はい。

―― その、「取りますか」っていうのは、あの、その場で、なんか先生と。

そうですね。えっとー、一応、テレビ画面、カメラが付いてまして、えー、それで一緒にテレビ画面を見ながら「ここです」ということで、説明を受けながらやる検査だったんで。そこで先生と話してやりました。はい。

―― それは、あの、例えば、その、痛みとかそういうのは。

えっと、痛みはないです。はい。えーっと、麻酔みたいのも、基本的にはなかったと思います。ただ、うーん、始める、まあ、一応検査をするにあたって、えー……数日前からですね、一応、やっぱり腸を奇麗にしなきゃいけないんで。えー…なんていうんですか。あの、スポーツドリンクの、なんか似たような味のする水を、かなりの量飲まなきゃいけなくて。あれが、それが一番つらい感じですね。で、えーと、当然その中にも下剤も入ってまして。で、それで腸を奇麗にした後に検査する、ということになってまして。その飲む量が結構な量なので、結構つらいですかね。そのくらいですかね。はい。

―― じゃあ、その、カメラを入れる時とか、さっきおっしゃったポリープを取るとか、そういう時っていうのはなんにも感じない。

そうですね。そんなに、まあ、最初は当然抵抗感はあるんですけども、その、当然、なんていうんですか。今はもう、医学が進歩してるんで、そんなに痛いとか、そこまではなかったんですけども。ただ、唯一、そうですね、あの、カメラを入れる時に、腸をこう、広げないと当然カメラが通らないし、しっかり見れないということで、カメラの先に、その…エアーを、こう、出すのがありまして、腸をそこで膨らませるんですね。で、それで、あの、中をこう見ていくというやり方をされると思うんで。その、なんていうかな、痛くはないんですけど気持ち悪いというか。そういうのは感じました。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧