※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:41歳(2011年12月)

男性・東海地方在住。大腸がんの便潜血検査は、35歳以上になると会社の健診の中に入ってくるので、このところ毎年受けている。昨年初めて陽性と言われた。会社の産業医に紹介状を書いてもらい、大腸内視鏡検査をした結果ポリープがみつかり切除した。20代のころ突然血便が出て、同様の処置をしたことがある。祖父も父もがんになっているので、がんについては気をつけているが、遺伝だから仕方がないという思いもあり、個人的に大腸がん検診以外のがん検診を受けるところまで気持ちが至らない。

―― 今回に関しては、えーっと、まあ、お話しながら、「はい、ポリープありますよ、取りますよ」っていうことだったんですけれども、その、もうそれは、その場でもう良性ですっていう感じだったんですか。

あの、その時はやっぱりわかんない、取ってみないとわからないと、いうことなんですけども、えっと、大きさと、あと…色だったと思うんですけど、それを見て、「たぶん悪性じゃないと思うけど」ということは言われてたと思います。

―― 結果が分かるまで、どのくらいかかりましたか、今回は。

えーっと、最近やったのは、やっぱり1週間ぐらい。ええ。回答いただくまでに時間がありましたね。

―― どういうかたちで回答は来るんですか。

えーっと、一応病院のほうに再度お伺いして、そこで、あの、先生から口頭で聞いた、ということになります。

―― 結構詳しく、その時は説明とかされたんですか。

そうですね。あの、まあ、説明といいますか、あー、「ポリープ切った結果は良性でした」と。あ、「悪性じゃありませんでしたよ」というレベルです。で、やっぱり同じく言われたのが「やっぱり1年に1回ぐらいは、あの、検診をされたほうがいいですよ」ということは言われました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧