※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:41歳(2011年12月)

男性・東海地方在住。大腸がんの便潜血検査は、35歳以上になると会社の健診の中に入ってくるので、このところ毎年受けている。昨年初めて陽性と言われた。会社の産業医に紹介状を書いてもらい、大腸内視鏡検査をした結果ポリープがみつかり切除した。20代のころ突然血便が出て、同様の処置をしたことがある。祖父も父もがんになっているので、がんについては気をつけているが、遺伝だから仕方がないという思いもあり、個人的に大腸がん検診以外のがん検診を受けるところまで気持ちが至らない。

あー、「ポリープ切った結果は良性でした」と。あ、「悪性じゃありませんでしたよ」というレベルです。で、やっぱり同じく言われたのが「やっぱり1年に1回ぐらいは、あの、検診をされたほうがいいですよ」ということは言われました。

―― その検診っていうのは内視鏡での検診。

そういうことです、はい。

―― そうすると、この次どうされますかね。その、普通に、会社の、あの、便潜血をやらないで、もういきなり内視鏡って。

あのー、それは今ちょっと考えにくい…まあ、あの、ただで医療、そういうの受けれるわけじゃないので。1回の検査で、えっと、数万した*と思いますので、そんなに余裕がある生活してませんので。はい。

―― そうすると、今度また、まあ来年あったら、まず便潜血を普通に受けて、で、そこでもう、なんともなければ、まあ内視鏡はいいかなっていう。

そうですね。実はあの、こちらに来てからも、春、だいたい春にやるんですけど、健康診断ありまして、その時は、それでは引っかからなかったんで、まあそのまま、何もなかったということでやってますけど。まあ、そこでもし、また血便が出てるということで、まあ産業医の方とお話した結果、もう一度やったほうがいいですよ、っていうんであれば、ちょっと考えないこともないかな、というレベルですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧