診断時:56歳
インタビュー時:59歳

1998年に乳がん(非浸潤性乳管がん)の診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。2000年に悪性のしこりが2つ発見され、乳房切除、放射線療法、タモキシフェン投与。2001年に化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

放射線療法のことで、再び病院に行きました。主治医に化学療法を受ける必要がないと言われ、とても安心しました。浸潤性のガンと最初に診断された時、すぐにタモキシフェンを処方されていたからです。
「タモキシフェンと放射線の併用療法があなたに必要な治療のすべてです。」と言われました。 エストロゲン反応性腫瘍であることがわかったので、タモキシフェンは選ばれたのでしょう。エストロゲン反応性腫瘍には、タモキシフェン投与が一般的な治療だったのです。私は「これは良かった」と思いました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧