診断時:56歳
インタビュー時:59歳

1998年に乳がん(非浸潤性乳管がん)の診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。2000年に悪性のしこりが2つ発見され、乳房切除、放射線療法、タモキシフェン投与。2001年に化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

以前、乳房に石灰化があったので、乳腺切除をすることを選択しました。
私の乳房はその目的を果たし終えているのだと思いました。
 2人の子供を出産したのはずいぶん以前のことですし、乳房を失うことに迷いはありませんでした。だから、乳腺切除することを決めました。
 そのことでも悩みませんでしたが、他の手術のことでも悩みませんでした。
私は乳房再建術を受けたいとは決して思わないのです。もっと若かったら、受けたかもしれませんが。
 乳房再建術を受けた人達がいることは知っています。 人それぞれです。
女性の中には形や外見に強いこだわりがある人もいます。
 それは自己イメージやライフスタイルに関わることだし、もちろん一緒に暮らしている周りの人たちとも関係する事柄だと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧