診断時:56歳
インタビュー時:59歳

1998年に乳がん(非浸潤性乳管がん)の診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。2000年に悪性のしこりが2つ発見され、乳房切除、放射線療法、タモキシフェン投与。2001年に化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

悪い知らせを知らせるときの外科医も問題ね。「2つの選択肢があります、乳房全摘か、それとも広範囲部分切除か。これはあなたの選択です」って言うのよ。私たちは、それぞれの選択しについて検討しました。その時のことははっきりとは覚えていませんが、クリスマスの時期でした。クリスマスの期間中ずっと手術のことを考えていました。Eメールのありがたかったこと!以前に手術を受けた専門家達にメールをして、彼らの意見を聞きたいと言ったの。
 女性の外科医は理にかなった、しっかりしたアドバイスをくれました。とても頼りになるアドバイスでしたね。私がどちらを選択するべきか、断定的に言うことが出来ないと言うのです。これまでの経験や研究から考えて、今回の私の場合についていえば、乳房全摘と広範囲局所切除は同じくらいメリットがあると言いました。
 しかし、いったん手術についての決断をすると、もう後戻りはしませんでしたし、そのことについて考えませんでした。構わず、前に進むのです。決断をしなさい、というのはとてもよいアドバイスです。「私は正しい決断をしただろうか?」なんて考えてばかりいるのは、いいことではないですからね。こういう考え方はとても役立ちました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧