診断時:56歳
インタビュー時:59歳

1998年に乳がん(非浸潤性乳管がん)の診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。2000年に悪性のしこりが2つ発見され、乳房切除、放射線療法、タモキシフェン投与。2001年に化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

とても役に立つことを知りました。これをリンパ浮腫というのは適当でないのかもしれないけど、正確な医学用語を忘れてしまったので、今はリンパ浮腫としてお話します。 女性は、たぶん男性も、むくみや腕が腫れたときに、専門家の助けが得られるリンパ浮腫クリニックがあります。このむくみは本当にぞっとしますね。
私がまだ話してなかったことがひとつあります。誰もこのことにふれないか、「一部の患者さんに起こる」というだけです。それはひきつれです。糸のような感覚で、最初はふれるだけでゾッとします。運動療法の一環で、腕を伸ばすと腕全体に引きつる感覚を生じるのです。
 一番助けになってくれたのは地元の理学療法士でした。私の腕を決まった方法で動かしたり伸ばしたりということだけでなく、仲間でした。二人で一緒になってリハビリをしたのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧