診断時:56歳
インタビュー時:59歳

1998年に乳がん(非浸潤性乳管がん)の診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。2000年に悪性のしこりが2つ発見され、乳房切除、放射線療法、タモキシフェン投与。2001年に化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

 乳ガンの原因と予防法についての研究はまだ十分ではありません。
原因は言うまでもなく喫煙と遺伝ですね。遺伝はガンになる感受性の8~10%を占めているだけで、それがあるからと言ってすぐガンになることではないのです。
 乳ガンの研究が十分に進んでいないのは、ひどいことだと思います。理由のひとつは、治療に向けての研究が製薬会社の資金でおこなわれていて、彼らはガンの治療から大きな利益を得ているからなのです。あの人たちは、自分の倫理観を見直してみる必要があるのよ、本当に。
 製薬会社の取締役会の中で、ガンで亡くなった親戚や知人を持つ人が、何人いるでしょう?次世代の人たちのためにも、ガンについてもっと知る必要があることを彼らに伝えるべきだわ。そうすれば、みんなはライフスタイルだって選ぶ事ができるのよ。
 他にも問題はあるのね、しばしば役立つというわけではないけど。たとえば、食事に気を使ったり、運動したり、広汎に汚染された今の環境の中でどう暮らすかなんてこともね。
それから、政治的なことが関与している団体もありますね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧