診断時:56歳
インタビュー時:59歳

1998年に乳がん(非浸潤性乳管がん)の診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。2000年に悪性のしこりが2つ発見され、乳房切除、放射線療法、タモキシフェン投与。2001年に化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

周りの人に隠すのは、意味がありません。私は小さな村に住んでいるので、そう確信しました。入院する前、主な知り合いに、何故自分が入院するのか、何の治療を受けるのかをはっきりと知らせました。だから、くだらないうわさが出回ることはありませんでした。
「知らせたい人には誰にでも話して良いわよ。黙っているのは意味がないことよ」と言いました。 結果として、大きな支えを得ることが出来るのです。
 私の部屋は、ガンにかかったことのある方もかかっていない方も含めて、大勢の方達から頂いたカードで一杯飾られています、これは大きな励みになりますよ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧