診断時:48歳
インタビュー時:52歳

1997年に炎症性乳がんの診断。化学療法、乳房切除術、再建手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

平静を保つこと。できる限り前向きに考えること。。医師との面談は、必要なら質問を紙に書いてもって行くこと。癌と診断された後、初めて診察へ行くときは、前もって一生懸命考えてから行くこと。
私は、思い起こしてみて、そうすればよかったのにと思うので言っているだけです。きっと、じっくりと考えていればもっと疑問が出てきたと思います。実際には少しはありましたけど。それから、常に診察に行く時は、それが癌専門医であろうと外科医であろうと、誰であっても、思っていることを質問した方がいいでしょう。自分をごまかさないで、先延ばしにしないで質問して下さい。その答えに納得できなければ、再度あなたが聞きたかったことが聞けるまで、または理解できるまで質問した方がいいでしょう。あなたが知りたいのなら、聞くしか方法はないのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧