診断時:48歳
インタビュー時:52歳

1997年に炎症性乳がんの診断。化学療法、乳房切除術、再建手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

最初に診察を受けたのは、癌専門医でした。私の場合は炎症性癌だということとその治療方法を説明してくれました。先生はその会話の内容をテープに取り、それを持ち帰ってもいいと言いました。そして「全て理解してもらえないことは分かっているし、このテープは助けになる」とも言ってくれました。それで、炎症性癌だとその時点で手術はできないことと、化学療法での治療になると説明を受けました。そして持続注入と呼ばれる方法を取ることになりました。それでヒックマン・ラインを使用することにしました。私はテープを聴いて理解に努め、その会話の内容をテープ起こししたのです。そしてがん専門医から私のファミリードクターに手紙を書いてもらいました。その手紙のコピーももらいました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧