診断時:54歳
インタビュー時:56歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、術中放射線照射、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

ええ,それはとても感情的に疲れ果て,そしてとても恐ろしい経験でした.でも,これらの悲しい気持ちや恐怖は,乳がんに関する様々な知識を得ることで軽減させることができました.あなた自身が病気に対する知識や自信を構築することで,直面している状況に立ち向かうことができます。そしてその知識は恐れやストレスを取り除いてくれます。積極的に回復に向けて行動していると、その行動自体が問題を解決してくれるからです。しかし,それは簡単なことではなく,一時的にですが、恐れやストレスに負けてしまいそうなこともあります。私の祖母がよく言っていたのは,苦しいときに忘れてはいけないこと、それは苦しみからは必ず解放されるということでした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧