診断時:54歳
インタビュー時:55歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

3週間位たった頃から、気分が落ち込み始めて、本当にうつ状態になったから、私は娘たちに聞いたの。「放射線治療ってうつ状態を引き起こすものなの?」。すると子どもたちが「一部の患者さんはそうなるみたいよ。カウンセラーに連絡してあげようか?」と言ってくれたので、「お願い」と言いました。それで、前に診てもらった(がん支援団体の)マクミラン財団の看護婦さんにもう一度会うことにしたの。
それで昨年の夏、ほんの短い間だけ抗うつ剤を使ってみたんだけど、もっと気分が悪くなったから捨ててしまったの。あんな薬は使わない方がましだわ。私のかかりつけの先生は「ああ、がん患者はみんな」ってずいぶん十把一絡げな言い方をするものだと思うけど-「がん患者は誰でもうつになるものですよ」って言ってたわ。たぶんそうなのでしょうね。
昨年の夏は、5月、6月を過ぎた頃、とてもうつっぽい状態だった。そういえばこんなことがあったわ。みんなで1週間ほど[○○]に行ったのだけれど、[○○]のホテルのバルコニーに座って、「どう生きてゆけばよいのか分からない」って言いながら泣いてたの。なぜ「何とかしなくちゃいけない」って思ったのかわからないけれど、そのときはそう思ってたのね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧