診断時:54歳
インタビュー時:55歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

サポートグループへの参加が必要だと感じたことはありませんでした。グループは地元に1つあるはずです。けれども、私は必要な情報をすべて得ることができました。インターネットで検索できますし、医学図書館にもアクセスできます。ですから、情報を得るために手助けが必要だとは感じませんでした。また、私は職場でも家庭でも十分なサポートを受けていました。グループに参加する必要性は全くありませんでした。
でも、ある意味で、サポートが役に立ったかどうか分かりません。なぜなら、私は癌であることをくよくよ考えたくなかったからです。癌であることは私の人生の一部として以前と同じような生活を続けたかったのです。ですから、私は癌が生活の重要な部分を占めてしまうことを望みませんでした。癌を私の人生の一側面だけにとどめ、人生の特別に大きな部分だとは考えないようにしました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧