診断時:54歳
インタビュー時:55歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

間違いなく、誰が本当の友達かわかるようになる。ええ、少なくとも私は確かに自分の友だちが誰だかわかったわね。
中には病気のおかげで、より親しくなった人もいる。特にずっとそばにいてくれた友人とは絆が深まったわ。彼女は私にとってぴったりの人で、大騒ぎすることもなかったし、私を病人扱いすることもなく、かといって元気を出すよう無理強いすることもなかったの。
そして私たちは、外出したり一緒にいろんなことをしたわ。つらいこともほとんどは、いいえ、すべて一緒に乗り越えてくれた。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧