診断時:54歳
インタビュー時:55歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

診療はとてももたもたしていて、長時間待たされたけれど、それは受け入れるしかなかったわ。でも中には待たされずにすぐ入って、すぐに出てこられる日もあったの。私はほかの患者さんたちとの会話には入りたくない、と思ってたの。私は自分のことで精一杯だったから、他の人の話なんか聞きたくなかった。
中には、待合室中に自分の話を聞かせたがる患者さんもいて、それは私にはきつかった。だから私はいつも(部屋を)出てコーヒーを飲んで、自販機コーナーに感謝してたわ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧