診断時:45歳
インタビュー時:50歳(2008年9月)

首都圏在住。乳頭の裏側にある5cmほどのしこりを発見して受診。2003年夏、左乳がんと診断された。知人の紹介で出会った放射線科医を主治医として、自分でよく考え、調べた結果、無治療を選択し、自分が計画したように5年を過ごしてきた。その間、骨転移、肺転移、がん性胸膜炎が見つかる。現在は往診と訪問看護を受けながら、1人暮らし。

語りの内容(テキストのみ)

乳房のちょうど乳首のところが、何か場所がだんだんこう(内側に)胸の中心部に寄っていくような感じがしてきて、で、何か通常の、何ていうか、乳首の位置が変わってきたという感じで、それが胸の中心線のほうに移っていったという感じで、それで、触ってみたら、乳首のちょうど後ろ側に、しこりのようなものがあるということに気が付いたのですね。で、最初、「家庭の医学」を見てみたら、乳がんができる位置というところに、乳房の…じゃない、乳首の下っていうのは入ってないんですよね。なので、ちょうど乳頭の下にあるから、これは何か違うものじゃないかなって、最初は何かちょっとそういうような、判断をしたんですよね。でも、後に、できる場所というのは、その「家庭の医学」に書いてあった場所にできやすいというだけであって、ちょうど乳頭の真下にできる人というのもいるんだということは、後に分かりましたけれども。
実は、私は、かなり大きくなるまで気が付かなくて、最初に気が付いたときにもう5センチになってたんですよね。普通はそんなのってあり得ないでしょうって言われるかもしれないけど、パートナーがいなかったり、特に、何ていうのかな。私も、それまで、仕事仕事で来たので、ほとんど、何というか、プライベートで、自分の体を精査するとか、人に見せるというようなことがなかったので、気が付いたらそうなっていた。まあ、忙しくて、あの、綿密に調べるということもなかったということ、というか、気分的な余裕もなかったということもあると思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧