プロフィール

インタビュー33

診断時:45歳
インタビュー時:50歳(2008年9月)
首都圏在住。乳頭の裏側にある5cmほどのしこりを発見して受診。2003年夏、左乳がんと診断された。知人の紹介で出会った放射線科医を主治医として、自分でよく考え、調べた結果、無治療を選択し、自分が計画したように5年を過ごしてきた。その間、骨転移、肺転移、がん性胸膜炎が見つかる。現在は往診と訪問看護を受けながら、1人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

今、賃貸のワンルームに住んでるんですけど、緩和ケアをしている先生に2週間に一遍往診に来ていただいて、訪問看護ステーションの看護婦さんは1週間に一遍、訪問して、マッサージとかしてくださって。で、あと細かく、例えば、私は、今、痛み止めのモルヒネは使っているんですけど、モルヒネの副作用で、便秘と下痢を繰り返すような状況になっているんですね。そういうことに関しても細かく聞いていただいたり、あと精神的にちょっとバランスを崩しそうになったときとかも相談したりできるので、先生だけじゃなくって、看護婦さんが来てくださるというのはもっと気楽に話ができるというような部分もあってとてもいいです。あとヘルパーさんも、ここ数ヶ月前から、お願いするようにしていて来てもらっています。だから、何て言ったらいいのかな。病院とは違って、自分の自宅なので、病院でないけど、自宅であっても、往診や看護師さんやヘルパーさんの訪問などのサービスが受けられているので、とても快適に過ごせていて、環境的にもいいですし、心にとってもすごくいいことだなと思っているんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12134 (17) { ["term_id"]=> int(32) ["name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["slug"]=> string(11) "tennichiryo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(32) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(32) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["category_nicename"]=> string(11) "tennichiryo" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る